永住ビザ 愛知
トップページ
(永住ビザについて)
永住ビザ 愛知
永住ビザの取得条件
永住ビザの書類
永住ビザの申請
永住ビザQ&A
入国管理局
   
永住ビザ 愛知
会社案内
依頼するメリット
料金表
お問合せ
   
行政書士スタッフ紹介


行政書士 スタッフブログ

行政書士 無料相談



新宿オフィス 新宿駅

秋葉原オフィス 秋葉原駅

名古屋オフィス 名駅

大阪オフィス 西梅田駅

プライバシーポリシー・免責


永住ビザ 愛知 申請

永住ビザ 愛知

  日本で永住ビザを申請するためには、いくつかのポイントがあります。
  ここでは、居住要件、素行要件、生計条件の3つの申請ポイントに絞って
  紹介します。

 居住要件について

 永住ビザの申請においてポイントとなる点に、居住要件が挙げられます。
 通常は10年間という居住要件を満たしていれば、
 永住ビザ申請はできますが、下記に該当する場合は申請が難しくなります。 

日本での居住の継続性

連続して約3ヶ月の間、日本を離れていると、それまでの日本での居住暦はなくなり、カウントをし直すことになります。
また、連続していなくても約200日間、日本を離れていると、それまでの日本での居住暦はなくなり、カウントをし直すことになります。
つまり、このような状況であれば、たとえそれまで10年以上日本に居住していたとしても、日本へ再入国した時点で、居住期間は0年に戻ってしまいます
会社の出張などで長期間日本を離れていたというのが何年も続くようですと、申請に不利になる場合がありますので、ご注意ください。

留学から就労に変わった場合

留学生ビザで来日した場合、たとえ留学生として10年以上日本で居住していたとしても、永住ビザの申請を行うことはできません。
また、留学ビザから就労ビザへ変更していたとしても、変更後に5年以上日本に在留していないと、日本での居住要件を満たしたことになりません。

ご家族の在留資格の変更

これまで就労ビザ等をお持ちの時であれば、ご家族が日本に居住する場合は「家族滞在」という在留資格をお持ちだったと思いますが、 今後は「永住者の配偶者等」という在留資格を取得することができるようになります。


 素行要件について

永住ビザの申請要件の一つとして「素行が善良であること」が求められます。
具体的には下記の事項に該当しなければ素行が善良であるといえます。
また、表彰や感謝状を受け取った、ボランティア活動などについては、
素行が善良であるとして根拠付ける事もあります。

法律違反

大きな犯罪を犯すことは当然ですが、交通違反などについても永住ビザの申請には影響があります。
「何年かの間隔でスピード違反や駐車違反の反則金を支払った」といった軽犯罪レベルでの交通違反であれば特段問題はありません。しかし、 短期間での反則金レベルの交通違反が繰り返されたり、略式起訴され「罰金刑」が言い渡されるような大きな交通違反となれば、 数年間の時間を置いてから永住ビザの申請を行う方がよいといえます。

もしも、交通違反をしたことがあれば過去5年分の「運転記録証明書」を警察署に申請しておくことをおすすめします。ビザ申請をする中で、履歴書に交通違反歴を書くことになるので、誤って記入して申請することを避けることができます。

脱税

これまでに納税義務をきちんと果たしていることが求められます。 問題となってくるのが、市民税の納付と事業を行っている方の確定申告です。
これまでに適切に納税をしてきていないとき、きちんと納税を行ってからでなければ申請がかなり難しくなります。


 生活条件について

永住ビザの申請のポイントのひとつに、「独立して生計を立てられること」があります。
日本に経済的な基盤があって、今後に国から生活保護などの
支援を受ける可能性が低いということを説明する必要があります。

生活安定性

生計維持をする人が安定した収入を一定期間あることが求められます。 転職などで一時的であっても、収入額が極端に落ち込むと、生計に安定性が無いと判断されてしまい、申請が難しくなることがあります。


永住ビザ 愛知<